玄関ドアを引き戸にする際の注意点

その家の顔としての役割を果たす玄関ドア、年月を経る中で汚れてきたり傷んできたりすると家の印象が悪くなってしまいます。塗り替え作業を行なうのもいいですが、いっそのことリフォームするのもおすすめです。玄関ドアには開き戸・引き戸と2種類あるのですが、開き戸が使いづらい・引き戸でデザインがよく好みのものが見つかったという場合にはドアの種類自体をリフォームすることもできます。同じ我が家ではありながらも玄関のドアが変わればがらりと印象が変わって、新たな気分で生活を送ることができるでしょう。引き戸と開き戸、どちらもメリットデメリットがあり、昔から住宅の玄関ドアとして使われてきています。それぞれにさまざまなデザインや色・素材など豊富にあるのできっと良いものが見つかるはずです。

それぞれのメリットデメリットについて

どちらのドアが良いか決めるにはそれぞれの特徴とメリットデメリットを知っておかないとリフォーム後に後悔することになってしまいます。最近は開いて開けるタイプの開き戸の家が多くなりましたが、こちらは気密性の高さがおすすめです。一方で、扉を開くためのスペースが必要ですし、体の動きを大きくしないと開閉しにくいので高齢になると使いづらくなるでしょう。一方、昔ながらの日本の家屋は引いて開ける引き戸が中心です。気密性が低いのでどうしても隙間風が入りやすく音が漏れやすい一方で場所は取らず高齢者や体が不自由な方でも使いやすいということから開き戸から引き戸にリフォームするというケースも多いのです。ただ、小さなお子様などいる家では指を挟みやすいというデメリットがあるため注意は必要です。

予算の面も考えてリフォームしましょう

開き戸から引き戸も、引き戸から開き戸もリフォームを行なうことは可能です。ただ元々あった玄関ドアの枠をそのまま使用するカバー工法というのができないため費用は高く付きます。現在の玄関ドア枠よりも枠を大きくしたり小さくすることになるため、周りの壁に影響が出てきたり少し狭くなった感が出てくることも。また、開き戸から引き戸にする場合、扉枠の量は倍になります。そういった意味でも値段は高くなるでしょう。金額はどの程度になるか、サイズの面ではどうかなども含めて相談するようにしましょう。家から出入りする際に毎日目にする玄関ドア、自分が好きなものに変えれば気持ちも一新されるでしょう。ご近所の目にも毎日のようにさらされる場所ですから、汚いままで放置しておくことはやめましょう。