玄関ドアを引き戸にした後に気をつけたいこと

玄関は、単に建物の出入り口であるだけではなく、大切なお客様をお迎えする重要なスペースでもあります。住宅においては真っ先に人が立ち入る場所であり、風が通る場所でもあることから、古来より占いや風水などにおいても運気の流れや神様の通る場所として、非常に重要な意味を持つとされてきました。そんな玄関を構成する扉の形は、内観・外観の両方に影響を及ぼすものですから、デザインとの兼ね合いも考えて、慎重に選びたいところですね。実際、好みや用途、住む人の抱える事情によって、適した扉の形は変わるものです。ここでは、玄関ドアを開き戸タイプのドアから、引き戸にした際の注意点やメリットデメリットなどを考えていきたいと思います。特性をよく理解して、後悔しない住宅づくりを実現しましょう。

引き戸と開き戸の一番の違いは可動域

モダンスタイルの近代建築が増えている現代、玄関にはドアタイプの開き戸を採用するご家庭が増えてきました。しかし、伝統的な日本家屋のほとんどは、昔は引き戸を採用していました。それには、この小さな島国・日本における住宅事情が関係していたのではないでしょうか。引き戸と開き戸の一番大きな違いは、扉を開くときに必要な可動域の広さです。引き戸では、ほとんど開閉のための可動域は必要としませんが、ドアには扉の幅と同じだけの可動域がほぼ半円状に必要となります。そのため、もともと土地が狭く、都市部においては密集しやすい住宅事情も手伝ってか、日本ではより少ないスペースで事足りる引き戸が発達したのでしょう。この違いは、用途にも顕著な違いをもたらします。引き戸・開き戸双方にメリットとデメリットがありますので、それをしっかりと把握した上で導入していきたいところですね。

ドアから引き戸にした際の注意点とは

開き戸をやめて引き戸を導入するには、理由があるのではないでしょうか。例えば機能的に「開け放しておく」という動作が容易な引き戸は、バリアフリーには適した形だと言えます。扉の開閉時に可動域まで考慮に入れなければならない煩わしさは、例えば車いすの方にとってはかなりの負担です。こういった事情を考慮すれば、引き戸のメリットは大変大きなものとなるでしょう。ただ、引き戸にもデメリットがないわけではありません。閉め忘れや隙間が出来がちということもあり、開き戸と比較すると、気密性が低いのはこちらの方です。また、扉の開閉のために要する玄関扉の間口は、開き戸よりも引き戸の方がどうしても広くなってしまいますね。住宅を構成するパーツにはそれぞれ意味があります。選べる形の選択肢は広がり続ける現代ですが、後悔しない住まいの実現のためにも、どこかを変える際は、しっかりと導入するものの特性を把握しておくことが大切です。