引き戸の玄関ドアの特徴やメリット

玄関はおうちの顔です。どんなドアにするかで、印象が大きく違います。ドアはその構造から、開き戸と引き戸の2種類に分けられます。一般的に洋風のおうちには開き戸が、和風のおうちには引き戸が使われますが、最近ではこの固定観念にとらわれずに、洋風でも似合う引き戸などデザインも豊富に展開されるようになりました。もともと引き戸は日本人に身近なドアの形態であるため、生活に密着しつかいやすいということや、老後の生活のしやすさを考えたバリアフリーなどもアイデアに組み込むことが増えてきた家つくりの事情から、引き戸の良さが再確認されるようになってきました。引き戸についてどのような特徴があるか、メリットデメリットを踏まえたうえで玄関ドアを選ぶことをおすすめします。

引き戸の特徴とメリットについて

引き戸は、ドアを横にひいて開けるタイプの玄関ドアで、開き戸のようにドアが移動する大きなスペースが必要なく、少ないスペースで広い開口部を取ることができる使い勝手の良い構造になっています。玄関のすぐ外のスペースが狭い場合などに重宝します。また車いすなど大きなものが出入りする、または子育て中の家族がよく使用するベビーカーの出入りがあるなどの家では、玄関のすぐわきに立って、同時に広い開口部を確保することが必要なので、バリアフリーには必須の玄関ドアなのです。ドアにガラス部分を多く設けたり、ドアを収納する部分を半透明の部材にすることなどで、明るさを確保することができます。むかしのように和風なイメージだけではなく、最近では洋風や純和風なスタイリッシュなイメージのデザインが多く出ています。

引き戸を選ぶ際のデメリットについて

引き戸は通常、レールが設置してあり、そのうえをドアが走る構造になっています。玄関の吐き出し口にレールがあるので、玄関の掃除が今一つやりにくい場合があるかもしれません。また、開き戸に比べると気密性が劣るので、風の強い場所へ設置した場合、開閉には問題ありませんが、戸を閉めている状態の時に風による音がする可能性もあります。ガラス面が多い場合は断熱性能が若干劣り、玄関が夏場は暑く、冬は寒いということになってしまいますので、地域によっては風除室を設けるなど工夫が必要になってくる場合もあります。また引き戸は子供の力でも簡単に開けることができるので、開閉しやすいのですが、一方でレールの滑りがいいと勢いよくしまったりすることがあります。子供が挟まれたりすることがないように注意が必要です。

窓まわり・サッシ館では、玄関やキッチンなど部屋毎に最適な窓をご紹介。 「リフォームおたすけDIY」は窓まわりや玄関ドアを販売しています。 DIY女子から、本格的に家のリフォームをしたいお父さんまで幅広く応援します。 DIYをお考えならぜひ「リフォームおたすけDIY」にお問い合わせください。 「リフォームおたすけDIY」は商品のみの場合は、5~10日程度でお届けします!引き戸の購入をお考えの方は【リフォームおたすけDIY】へ